7月4日(日)、新浦安教会は朝の礼拝を再開しました。出席者は19名。まずはオンライン礼拝に出席できない方を最優先に、まずは来ていただく方法をとりました。ふだんからパソコンやインターネットに触れていらっしゃらない方々です。そして徒歩や自転車、自家用車でで教会に来ることができる会員が集まって来られました。出席者は19名でした。

7月5日の礼拝

説教する芦田牧師の前には、アクリル製のシールドを設置。これは牧師自身による力作です。み言葉を解き明かす表情も、はっきり見えました。ZOOM出席の皆さんにはどのように映ったでしょうか。席と席の間は1.5~2メートルの間隔をとりましたが、家族は近くに座っていただきました。礼拝プログラムが映し出され、人数が少ないこと以外は通常の礼拝と変わりませんでした。

どうか一日も早く、通常の礼拝を捧げられる日が来ますように。急ぐことなく、その日を静かに待ちたいと思います。

DSC_0026.JPG