今年のイースターは4月1日でしたー。わたしたちの主イエスが復活されたことを祝う一日。子どもたちは朝から近くの若潮公園の丘の上で復活祭のお話をききました。それにしてもポカポカのいい天気。サクラもちょうど満開の季節となりました。

その後はいつものように「エッグハント」。イエスさまは十字架の上で死に、その後葬られたお墓から出て、復活されたお姿で多くの人々の前に現れました。イースターエッグは復活のイエスを象徴しています。子どもたちがタマゴを探すことは、墓からいなくなってしまったイエス様を探した女性たちの姿を重ね合わせています。4月1日はちょうど桜の季節になりました。とても気持ちのいい、喜びの朝となりました。

 

 

午後にはイースターの祝会を開きました。参加は65人ほど。多くの方々が残って、いっしょにご飯を食べました。ちょうど春のキャンプ(岐阜県恵那市)から帰ってきたばかりの子どもたちがその発表をしてくれたり、カンボジアに行っていた青年が感想を聞かせてくれたりしました。教会のプレイズバンドは歌声を響かせて、主に祝福された会となりました。ありがとうございました。